飲む日焼け止めの成分や特徴について、子供は使っては駄目

美肌女子に話題のの飲む日焼止めサプリはどういった成分なのか説明していきます。

 

 

紫外線と老化

シミやシワ、たるみなどのいわゆる肌老化と言われる症状は、年齢以外にどういった原因が大きく作用するのでしょうか?食習慣や睡眠、ストレス、乾燥、遺伝、空気による肌の酸化等様々な要因が考えられますが、肌老化の一番の要因としては紫外線による光老化と言われています。

 

一昔前までは紫外線と言えばシミの原因と定義されていましたが、今ではシミに限らずシワやたるみ等も含めた肌老化の約80%が紫外線によるものと言われています。光老化を引き起こす紫外線は、波長によってUVAとUVB、UVCの三種類に分けられ、季節や天候を問わず一年中降り注いでいます。

 

UVAとUVBは日焼けのような皮膚上の炎症だけでなく、シミやたるみを引き起こす深刻な肌老化の原因になります。私もそうですが、普段服に隠れて紫外線に触れない部分と、顔の肌質を比べてみると肌老化の進行具合は一目瞭然です。肌老化で悩んでいる方の多くが、昔よく日焼けをしていたという話をされます。

 

よって肌老化を防ぐには紫外線対策が非常に重要になります。通常帽子やサングラス、日傘や手袋等の日焼け防止ツールがありますが、一番ポピュラーな紫外線対策が日焼け止めクリームや乳液等の肌に直接塗る日焼け止めです。塗る日焼け止めのデメリットとして、成分によって肌荒れを引き起こしたり、汗や水で落ちてしまう為、効果を持続させるには何度も塗り直しが必要です。通常2?3時間で塗り直しが必要な日焼け止めが多いです。

 

またきちんと塗っていたつもりが、塗り残しや塗りムラがあった為に日焼けしてしまうなんて事もあります。そこで今巷で話題の「飲む日焼け止めサプリ」は体の中から紫外線のダメージを防ぐサプリメントです。

 

飲む日焼け止めの成分と特徴

肌と同じく紫外線の影響を受けやすい髪の毛も含めて、全身の紫外線対策に効果があり、敏感肌で肌荒れしてしまい日焼け止めが塗れない方にも重宝されています。また紫外線は目にも有害とされていて、緑内障や白内障の原因になるとも言われていますが、飲む日焼け止めは成分には目の日焼け止めにも効果があります。

 

飲む日焼け止めの成分は基本的には紫外線防御効果のある有効成分+美肌効果のあるその他の成分という構成でできています。

 

ヘリオケアとニュートロックスサン

最も有名で人気があるのが外国のセレブ御用達のヘリオケアですが、近年は国内産の日焼け止めサプリも販売されています。ヘリオケアと国産の日焼け止めサプリメントの大きな違いは入っている有効成分にあります。ヘリオケアの主成分はシダ植物の一種から抽出した「フェーンブロック」で、一方国産の物はシトラス果実成分とローズマリーのの葉の抽出成分を特殊配合したエキス「ニュートロックスサン」が有効成分となります。

 

この「 ニュートロックスサン」を発明したのは、紫外線が強い国、スペインのミギュエル大学ニコル博士とモンテローザ社の共同開発によるものです。実験データによると、16歳〜60歳の人を対象に85日間のニュートロックスサンの摂取をおこなったところ、紫外線保護作用が60%見えたとの事。つまり紫外線を60%カットすることがわかったのです。

 

ニュートロックスサンは活性酸素をコントロールし、活性酸素の活動を抑える役割があり、紫外線による炎症抑え、メラニン色素などの肌ダメージ要因を抑えます。またすでに日焼けしてしまった肌へのダメージを抑えることも実験で確認されています。そして気になる安全性についてですが、複数のメーカーによるとニュートロックスサン使用による副作用の報告は、今までのところないそうです。

 

飲む日焼け止めの注意点

ただし妊娠中の女性や授乳中の女性 、アレルギーや貧血体質の方、4歳未満の子供については服用を控えた方がいいでしょう。ニュートロックスサンの原材料であるローズマリーには、子宮に刺激を与える作用や血圧上昇効果、鉄分の吸収を妨げる働きがあるからです。

 

また子供は体内の器官が未熟なので、サプリを飲むことで負担をかける可能性があります。そして薬を服用中の方も、かかりつけの医師または薬剤師に相談の上、使用する必要があります。飲む日焼け止め界の新しい成分であるニュートロックスサンは紫外線対策に非常に有効で、従来の主流であったフェーンブロックの欠点、ビタミンDの生成を阻害するという点も克服し、且つ天然成分にこだわった安全性の高いものです。

 

ただニュートロックスサンの力だけで野外の強い紫外線を完全に防ぐのは不可能です。帽子や日傘、サングラスを使用し、日焼け止めクリームを塗り、サプリはあくまで補助的に使用するのが理想的と言えます。

更新履歴