メラニンの影響で皮膚がんに

日本人は黄色人種です。多くの人は日光にあたって日焼けをすると最初は肌が赤くなりいずれ黒い色になるという変化が認められる場合が多いようです。しかし、同じ日本人でも日に焼けても肌が赤くなるだけで黒くならない人や、日に焼けても赤くならずにいきなり黒くなる人も存在しているのです。肌でメラニン色素を作る能力が高いかどうかで分かれるのです。日に焼けてすぐに黒い色に肌がなる人はメラニン色素を作る能力が高く、なかなか黒くならない人はメラニン色素を作る能力が低いのです。メラニン色素を作る能力が高い人はシミなどが出来やすいと言われています。世界には色々な人種がいます。それぞれに肌の色も違います。

 

当然、メラニン色素を作る能力も高い低いがあるのです。黒人はメラニン色素を作る能力は高く白人はメラニン色素を作る能力が低いことになります。黄色人種はその中間となります。黒人はシミができやすい肌だと言えるのですが白人はメラニン色素を作る能力が低いので肌を守ることが出来ずに皮膚がんになる可能性が高いのです。そのため、肌の色が白い白人ほど紫外線対策は徹底して行わなくてはいけません。紫外線対策を怠ると圧倒的に皮膚がんになる可能性が高まるのです。このように人種、肌の色で皮膚がんになる確率は大きく変わってきます。すべてはメラニン色素で体を守れるかどうかの違いとなり白人は子供のころから紫外線対策に躍起になるのは納得ができることなのです。