紫外線吸収剤と散乱剤どちらが肌に優しい

日焼けを防止するために紫外線対策として使用する日焼け止めは、どんなものでも同じだというわけではありません。日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤に分けることができます。それぞれに日焼けをしないようにする効果はあるのですが性質が違うものとなり使い方には気を遣う必要があります。紫外線吸収剤は肌に塗ることで皮膚の表皮において紫外線を吸収します。吸収された紫外線は化学変化でエネルギーに変換され放出され紫外線の肌への侵入を防ぐものとなります。紫外線吸収剤は防御力が強いのですが、肌への負担は大きくなると言われています。敏感肌や肌の弱い人には刺激が強すぎる可能性があるのです。

 

ただ、色は無色透明で塗り心地も良いのが特徴です。防御能力の低下に合わせて何度も塗る必要があります。紫外線散乱剤は肌に塗ることで紫外線を反射して紫外線から防御する力があります。紫外線吸収剤と比べると肌に優しくノンケミカルという表示の通り化学変化は起こしません。紫外線吸収剤のように何度も塗る必要もなく効果が長く持つのが特徴です。ただし、使い心地はあまりよくありません。べたつきがあったり塗った後に白く色が残るなどの特徴もあるのです。紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も紫外線対策の日焼け止めとして使用されるのですが、それぞれの性格をよく知ることで自分の肌にあったものを使用することがポイントです。いくら紫外線を防御する力が大きくても肌が荒れてしまっては紫外線対策を行っている意味がないのです。